岩崎書店のブログ

ようこそ! ここは子どもと本のメディアです

【速報】映画化決定! 絵本『パパはわるものチャンピオン』

はじめまして、キタガワです。

 

このたび岩崎書店より刊行されている絵本『パパのしごとはわるものです 』そして『パパはわるものチャンピオン』の実写映画化が決定しました。

 

 

主演はプロレスラーの棚橋弘至さん、木村佳乃さん、そして寺田心くんです!

 

f:id:kiix:20170824104016j:plain

左から棚橋弘至さんと原作者の板橋雅弘さん。片手に絵本、片手にゴキブリマスクの決めポーズ!

 

キタガワ 棚橋さん、映画化おめでとうございます!

 

棚橋 ありがとうございます。絵本のモデルにしてもらって、読み聞かせして、帯文を書き、映画になった……感慨深いですね。※帯文…本の帯のキャッチコピー 

 

そうなのです。棚橋弘至さんと絵本「パパわる」シリーズには、足かけ6年の歴史があるのです!

 

それを語るには、まずは絵本の紹介を。

 

f:id:kiix:20170824114317j:plain

表紙を飾っているのがゴキブリマスクさんです

 

絵本第1弾『パパのしごとはわるものです』は2011年に刊行されました。

物語は、筋肉もりもりのパパが何の仕事をしているのかしらない「ぼく」が、こっそり車に乗り込み、パパについていくところから始まります。

たどり着いたのは、大きな体育館。

ヒーローのドラゴン・ジョージと、ヒール(悪役)のゴキブリマスクがたたかっています。ゴキブリマスクから繰り出される、卑怯な反則技の数々! ぼくは思わず、いつもパパから言われている言葉を叫びました。

「わるいことばかりしていると、りっぱなおとなになれないんだぞ」

そのとき、ぼくとゴキブリマスクの目が合って……。

 

削ぎ落とされた文章の中に、たくさんの思いがぎゅっと詰まっていて、板橋雅弘さんの言葉の力を感じます。また親子の心の葛藤や、プロレスの迫力を見事に描き出した、吉田尚令さんの絵も素晴らしいのです……!

 

この絵本が刊行されてから2年後の2013年、岩崎書店にとある情報が舞い込んできました。

 

100年に1人の逸材、棚橋弘至さんが『パパのしごとはわるものです』を小学校で読み聞かせしているらしい!

 

ameblo.jp

 

棚橋さんのブログの中では、みなまで言うなと。

しかし、敢えて言いましょう。

ドラゴン・ジョージのモデルは棚橋弘至さんだったのです!

モデルになっている棚橋弘至さんが、読み聞かせをしてくださっている!

これは、岩崎書店にとって、本当にうれしいできごとでした。

 

2014年には絵本第2弾『パパはわるものチャンピオン』の刊行が決定。

このとき、さらにうれしいできごとが。

棚橋弘至さんに帯文を書いていただけることになったのです!

 

できあがったのがこちら。

 

f:id:kiix:20170824103035j:plain

あぁ、プロレスをよく知らない人にも、プロレスがどんなものなのか、よく分かる!

 

そして2017年春、映画化のオファーが舞い込み、しかも驚きのキャスティングは、棚橋弘至さんがドラゴン・ジョージではなく、ゴキブリマスク役〜!!! どうなっちゃうんでしょう(ワクワク……)

 

低迷していたプロレス界を復活へと導いたのが、棚橋弘至さんでした。その長く険しい道のりがあって、今回の映画化に至ったのだと思います。棚橋弘至さんが大事にしてきた「プロレスが大好きな人も、プロレスをあまり知らない人も、みんなが楽しめて元気になる」映画になりそうです。

 

f:id:kiix:20170824112822j:plain

左から脚本を手にしている監督の藤村享平さん、原作の板橋雅弘さん、棚橋弘至さん

 

岩崎書店のブログでは、今後映画『パパはわるものチャンピオン』の情報を順次発信していきますので、どうぞご注目ください。

 

映画『パパはわるものチャンピオン』公式サイトはこちら

岩崎書店による映画『パパはわるものチャンピオン』特設サイトはこちら

 

 

絵本第1弾。パパと息子の男同士で読んでほしい。でもママと娘にも読んでほしい。

パパのしごとはわるものです (えほんのぼうけん27)

パパのしごとはわるものです (えほんのぼうけん27)

 

 

 絵本第2弾。ゴキブリマスクに巻かれたチャンピオンベルトに注目です。

パパはわるものチャンピオン (えほんのぼうけん)

パパはわるものチャンピオン (えほんのぼうけん)

 

 

 プロレス界を復活へと導いた功労者、棚橋弘至さんをもっと知りたい。

棚橋弘至はなぜ新日本プロレスを変えることができたのか 文庫版

棚橋弘至はなぜ新日本プロレスを変えることができたのか 文庫版

 

 

投稿者:キタガワ