読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岩崎書店のブログ

ようこそ! ここは子どもと本のメディアです

山岸先生、歴史の面白さを教えてください!

4月。新学期が始まりましたね。

しかしこの春先、決意も新たに勉学に励む皆さんが戸惑うようなニュースがありました。

www.nikkei.com

 ── 文部科学省の新学習指導要領で、小学校では「聖徳太子(厩戸王・うまやどのおう)」、中学校では「厩戸王(聖徳太子)」と表記の変更を検討 ──  

しかし結局後日、小中学校ともこれまで通り「聖徳太子」に戻したそうですね。

 

朝食の席でそんな新聞の記事を読んでいたら、横から子どもたちが

「これってどういうこと?」

と質問してきました。

 

しかし何を隠そう、私は歴史が大の苦手です。武士の名前も年号も覚えられず、日本史の分厚い教科書を思い出すだけで気分が悪くなるくらい。

内心の焦りをひた隠し、その場しのぎの説明で乗り切りました。危ない危ない。

 

ここはひとつ、親の権威を保つためにも、こっそり歴史を学びなおしてみるか。

と決意も新たに、会社帰り駅近の書店に寄ってみたところ……

 

あったあった、歴史コーナーでは社会人が歴史を学習する本が人気なようです。

(知らなかったのは私だけか) 

f:id:iwasakishoten:20170424111146j:plain

撮影協力 くまざわ書店津田沼店

 

その中でも特に目立っていた『いっきに学びなおす日本史』を手に取ってみます。

f:id:iwasakishoten:20170424111228j:plain

 

巻末のスペシャル対談ページをめくってみると……

f:id:iwasakishoten:20170424111248j:plain

 

これがめちゃくちゃ面白い。もしかしたら、この出会いが私の日本史デビューの指南役になってくれるかも!

 

というわけで、歴史の手っ取り早い学び方を聞いてみようと、この本の監修を担当された、歴史家の山岸良二先生にインタビューを申し込みました。

 

続きを読む

おばあちゃん世代が孫と語らい合うための本を作りたいと思いました

岩崎書店から新しく『おばあちゃんがこどもだったころ』という絵本が出ました。

f:id:iwasakishoten:20170425133106j:plain


おばあちゃんがこどもだったころ

おばあちゃんがこどもだったころ

この本は、今は珍しくなった「合紙絵本」という体裁になっています。
「合紙絵本」とは、文字通り「紙を貼り合わせて作る絵本」のこと。この体裁で作ると丈夫で頑丈、あと比較的安価で作れるという利点があるのですが、スマートさに欠けるところもあるので、最近はあまり使われなくなりました。

f:id:iwasakishoten:20170425155658j:plain

合紙絵本形式の絵本。
 
この絵本は、岩崎書店CEOである岩崎夏海と、彼のアシスタントである須藤雅世さんによって編集されました。

f:id:iwasakishoten:20170425133333j:plain

須藤雅世さん(ボローニャ・ブックフェア会場にて)
 
そこで今回は、須藤雅世さんにこの絵本についてお話をうかがってきました。
どうしてこの絵本を作ったのか?
どのような思いで作られたのか?
それでは早速ご覧ください!

ネットスラングのはやりすたり―ネトゲから某巨大掲示板、SNSまで

「w」。

この文字を見て「(正しく)ダブル、ダブリュー」と読む人、「ワラ」「ワライ」と読む人、「くさ」「わろ」と読む人、様々だと思います。
ちなみに執筆者は思いっきり「ワロ」で読んでます。

続きを読む

「ボローニャ国際児童図書展」で感じた児童書の新しい流れ

イタリアの北部に位置するボローニャという街で、現地時間の2017年4月3日から4月6日まで、4日間にわたり「ボローニャ国際児童図書展」が行われました。私(岩崎夏海)は、岩崎書店社長という立場で現地に赴き、さまざまなことを見聞きしてきましたので、ここにご報告いたします。 

f:id:iwasakishoten:20170417163009j:plain

続きを読む

ブラック部活をなくすために、今できる4つのコト 〜先生も生徒も保護者も幸せになる「部活のこれから」〜

長すぎる部活動が「ブラックすぎる」と社会問題化しています。

部活には、好きなスポーツや文化活動に打ち込める、強い精神力や仲間との友情を育めるなど、よいところがたくさんある一方で、長すぎる活動時間のため、学業に支障が生じた生徒や、わが子の部活スケジュールに翻弄される家族、顧問として長時間労働を強いられる教師から、「ブラック部活」として問題視する声が大きくなっています。

部活動はなぜブラック化するのか、その解決法はないのか。『そろそろ、部活のこれからを話しませんか―未来のための部活講義』(大月書店、2017)を出版された部活問題の専門家、早稲田大学の中澤篤史先生にお話を伺いました。

 

f:id:iwasakishoten:20170412105424j:plain

早稲田大学スポーツ科学学術院准教授 中澤篤史先生

プロフィール:中澤篤史(なかざわ あつし)

1979年、大阪府生まれ。東京大学教育学部卒業、東京大学大学院教育研究科修了、博士(教育学、東京大学)。一橋大学大学院社会学研究科講師・准教授を経て、現在、早稲田大学スポーツ科学学術院准教授。専攻は、身体教育学・スポーツ科学・社会福祉学。主著に『運動部活動の戦後と現在―なぜスポーツは学校教育に結び付けられるのか』(青弓社、2014年)。他に、Routledge Handbook of Youth SportRoutledge2016年共著)など。部活経験は、サッカー部とテニス部。趣味は、コーヒーと囲碁、ほか多数。

続きを読む

現役2歳児が爆ウケする約40年前の絵本『なにをたべてきたの?』

みなさん、こんにちは。

岩崎書店は年間数十点の絵本を出版しています。

なので、絵本の話が大なり小なり聞こえてくると「ピクッ」と反応するんですよね。

友人からのこんなメールには「ピクピクッ」ときたわけです。

 

40年前の絵本に我が子、爆ウケだよ~♪という内容で、

読み聞かせの動画付き

 

すごいですねぇ、40年前ですか。

友人の子は2歳半なんですが、動画を見ると確かにすっごいウケてます。

 

なにこの高反応……

続きを読む

元Jリーガーに聞く、子どもを前向きな気持ちにさせる3つの見守り方<後編>

元Jリーガー長谷川太郎さんに、子どもが前向きにスポーツを取り組めるようなサポートの仕方についてアドバイスを伺ってきました。そこで出てきたキーワードは3つの見守り方。1つ目は自信をつける見守り方、2つ目は遊び心を持たせる見守り方でした。後編は3つ目から伺っていきます。

前編はこちら↓ 

www.iwasakishoten.site

 

f:id:iwasakishoten:20170327143800j:plain

続きを読む