岩崎書店のブログ

ようこそ! ここは子どもと本のメディアです

老人ホームもイノベーション!?「特別養護老人ホーム ほほえみの園」の取り組み

こんにちは、岩崎書店イノベーション部の元吉です。

2017年12月下旬。
宮崎県にやってきました。
若干肌寒さを感じますが、明らかに東京よりも暖かく感じます。

宮崎ブーゲンビリア空港の目の前にはヤシの木が並んでいて、南国情緒を感じて自然と気持ちが高まります。

ついつい空港近辺で10枚以上も写真を撮ってしまいました。

 ちなみにブーゲンビリアとは、トロピカルカラーが印象的な南国の花の名前だそうです。

 

宮崎ブーゲンビリア空港

 

 

南国宮崎の老人ホーム

 

今回は、宮崎県都城市の「特別養護老人ホーム ほほえみの園」におじゃまさせていただきました。

ほほえみの園の運営母体である、社会福祉法人スマイリング・パークの山田一久理事長と、岩崎書店の岩崎夏海社長は、ドラッカー学会のイベントで知り合い、意気投合したそうです。

そんなご縁で、このたび岩崎書店の児童書をほほえみの園に寄贈させていただきました。

老人ホームでの児童書の活用状況について、山田理事長にお話をうかがうというのが今回の主な目的だったのですが…。

 

宮崎ブーゲンビリア空港からレンタカーを走らせ約1時間で現地に到着。
施設入り口を見て、私が発した第一声は、「きれいだな!」という言葉でした。

私の亡くなった祖母は老人ホームにお世話になっていましたが、その時に私が持っていた老人ホームのイメージは古い、汚い、臭い、という正直あまりいいものではありませんでした。しかし、ほほえみの園は外観からして、私の持っているマイナスイメージをいきなり裏切ってきました。

 

特別養護老人ホーム ほほえみの園

特別養護老人ホーム ほほえみの園

 

www.facebook.com


職員の方にご挨拶した後、きれいで広々としていて、明るい雰囲気の素敵な応接コーナーにご案内いただきました。

 

ほほえみの園 応接コーナー

明るい雰囲気の応接コーナー


その後、理事長室にご案内いただき、山田理事長が笑顔で迎えて下さいました。

社会福祉法人スマイリング・パーク 山田一久理事長

社会福祉法人スマイリング・パーク 山田一久理事長

 

続きを読む

保育園訪問記〜サンタクロースから絵本のおくりもの〜

皆さんのご家庭には、今年もサンタクロースが訪れたでしょうか?

岩崎書店の隣には、文京区の水道保育園があります。

私たちが仕事をしていると、園児たちの笑い声が聞こえたり、本に登場するキャラクターのディスプレイを興味津々で覗き込む姿が見られます。そう、児童書出版社にとっては、とても恵まれた環境なんです。おまけに毎朝、保育園に登園してくる子どもたちのために園の前に立っている先生は、私たち大人にも、笑顔で挨拶してくださいます。

そこで数年前、岩崎書店の相談役(前社長)の岩崎弘明が、園の前にいらした園長先生にご挨拶がてらご提案したことをきっかけに、ご近所のよしみで、クリスマスに園児たちに絵本のプレゼントを始めました。

保育園には、毎年お楽しみ会にサンタクロースが訪れるそうです。みんなとってもいい子たちですもの、サンタも毎年、子どもたちに会うのを楽しみにしているのでしょうね。

しかもサンタは、岩崎書店からの絵本のプレゼントも、ほかのおもちゃなどと一緒に、子どもたちに渡してくれるそうなんです。そこで、どんな様子か見てみたい!と、今年は特別に許可をいただき、こっそり覗いてきました。

お楽しみ会当日。

私たちが到着すると、すでにホールで園児たちの出し物が始まっていました。年齢別のクラスごとに、歌やおゆうぎなどを発表するのだそうです。楽しげな声が聞こえてきます。

うちの子にもあんな可愛いときがあったなあ…と思い出に浸りそうになっていたら。

リンリンリン・・・鈴の音が聞こえてきました!

慌ててホールへ向かうと

岩崎書店のブログ サンタ クリスマス

サンタが来てる!

岩崎書店のブログ サンタ クリスマス

サンタクロースに聞いてみたいこと、いっぱいあるんだ!

先生がサンタを紹介しているのに、待ちきれず手を挙げ始める子もいます。

続きを読む

投資のカリスマ藤野英人さんに聞く「子どもに教えたいお金のこと」

今年も子どもたちには嬉しい時期がやってきました。クリスマスにはサンタクロースや家族からのプレゼント、お正月にはお年玉。

お年玉を受け取ったあとは、お金の管理や使いみちをどう教えようか頭を悩ませる方も多いことでしょう。そもそも、お年玉はおろか、日頃のおこづかいも同様に悩んでいるのに!いや、それ以前に、親の自分とて家計の管理に自信なし。

年金制度の破綻や金融機関の低利率など、不安材料が増える一方の昨今、個人で金融資産の管理運用能力が問われることは確か。親が頼りないぶん、わが子にはしっかりと知識を身につけ、これからの時代を生き抜いてほしい。

この年末年始に抱く不安を何とか払拭したい!ということで、運用のカリスマとして名をはせる、レオス・キャピタルワークス社長の藤野英人さんにお話を伺いました。

 

藤野英人 岩崎書店のブログ お年玉

藤野英人(ふじのひでと)

レオス・キャピタルワークス株式会社代表取締役社長・最高投資責任者。1966年富山県生まれ。早稲田大学法学部卒業後、国内・外資大手投資運用会社でファンドマネージャーを歴任。2003年レオス・キャピタルワークスを創業。主に日本の成長企業に投資する株式投資信託「ひふみ投信」「ひふみプラス」「ひふみ年金」の運用で高いパフォーマンスを残しており、シリーズ3本の合計運用資産総額は5000億円超。投資教育にも注力しており、明治大学商学部兼任講師、JPXアカデミーフェローを長年務める。一般社団法人投資信託協会理事。近著に『ヤンキーの虎-新・ジモト経済の支配者たち』(東洋経済新報社)、『投資レジェンドが教える ヤバい会社』(日経ビジネス人文庫)。

 

日本人は世界一ケチ?

 

── 子どもにはお金のことをきちんと教えたいのですが、まず大人の自分に知識がありません。なぜ、日本では多くの人が「お金」に苦手意識を持っているのでしょうか? 

 

藤野そうですね。日本人は、お金に対してあまりいいイメージを持っておらず、人前でお金について話すのを避ける傾向があります。世界一貯蓄が好きな民族とも言われ、コツコツとお金を貯めるのは得意なのですが。

個人の金融資産の内訳を諸外国と比較すると、日本人は圧倒的に「現金・預金」の比率が高いことがわかります。いっぽう他の国では、有価証券や株式といった「投資」の比率が高いのです。

f:id:iwasakishoten:20171222124611j:plain

家計の金融資産構成 出典:2017年8月 日本銀行 資産循環の日米欧比較



また、日本は先進国の中でもっとも寄付をしない国でもあります。たとえばアメリカでは、成人一人あたりの年間寄付額は13万円ですが、日本の成人が年間に寄付しているのはたったの2500円。投資もしなければ寄付もしない、つまり、自分のお金は現金か預金で守るだけなんです。

 

── 日本人はケチということでしょうか?

 

藤野いや、お金について、あまり考えていないのだと思います。金融庁の調査では、金融教育を受けたことがある人は全体の約3割にすぎないことがわかっています。日本は諸外国に比べて金融教育が遅れており、お金に関する正しい知識を持っていないため、自分のお金がどう流れ、自分がお金を通じて社会に参加しているかを考える機会がないのです。結局、教育費や老後資金など将来に備えて、自分の知識の範囲内でできることとして、貯金を選ばざるを得ないのだと思います。

金融教育を受けたことがない人は、これから新たに金融について学ぼうという意欲が少ないこともわかっています。仕事や学問の勉強にはいたってポジティブなのに、ことお金に対してはネガティブになってしまう。お金といったら貯めるか節約するかしかなくて、社会に活かす気がないというわけです。

 

── 確かに、何をどう学べばいいのかがわからず、うろたえるばかりです。

 

藤野お金の知識だけではなく、日本には経済のしくみを勉強する機会がありません。米国では80%の州で、義務教育の段階で経済を勉強するのですが、日本では中学・高校の6年間で用いる教科書の中で、経済や株式会社を扱うページ数が、たったの2ページなのです。経済は社会科のカリキュラムに組み込まれていますが、ご存知の通り社会科といえば、日本史、世界史、地理が中心。大学などで経済学を専門に選ばない限り、経済を勉強する場はほとんどありません。経済大国と言われる日本ですが、実は国民の大半が経済を学んで来なかったのです。

 

── 日本と欧米では、お金の知識だけでなく、金融教育にも隔たりがあるということですね。

 

藤野はい。しかしこれではまずいだろう、ということで、いよいよ金融庁が旗振り役となり、金融教育に力を入れる方向になってきました。ですが、気をつけなければならないのは、どんな内容を教えるかということです。

実は経済界でも、今後の金融教育のあり方について議論し、私も加わることもあるのですが、そこでよく出る話が「バーチャルマネーで投資のマネーゲームをさせてみようか」というものです。しかし、私はこの考え方にとても違和感があり、反対しています。経済や金融の知識が何もないのに、いきなり投資ゲームを体験すれば、テクニックは身につけられますが、経済の本質を理解することにはならず、とても危険だと考えています。 続きを読む

編集者ホリウチの「すいすい解ける絵本の問題集 」(1)虹問題

みなさま、お世話になっております!

岩崎書店編集部の堀内といいます。

いきなりで恐縮ですが、弊社ブログにおじゃまして、普段のお仕事のことなど書かせていただくことになりました。

ぼくは絵本の編集者として15年近く働いていまして、お世話になった絵本をかぞえたら、やっと100冊をこえたくらいです。

いままでお仕事させていただいて、絵本のことがわかってきたような、どんどんわからなくなるような、微妙な年頃ではありますが、日々なんとなく感じている問題もあります。

このブログでは、絵本作りのときに直面するちょっとした問題について考えていきたいと思っております。

できるかな♪

 

これからはじまるお話は、あくまで一編集者による超個人的見解でありまして、100%絶対的に正しい、ぼくを見ろ、ぼくのほうだけを見ろ!などと、口が裂けても言えない事柄です。

絵本作家を目指す方には、教科書ではなく、副教材的に楽しんでもらいたいですし、読者の方には、ふだん絵本作家がどんな問題とむきあっているか、参考程度にさらっと読んでいただけますと幸いです。

続きを読む

オトナ女子におくる「なんでも魔女商会」同窓会開催レポート

当ブログでも参加者を募っておりました、あんびるやすこさんの大人気シリーズ

「なんでも魔女商会」の来年刊行15周年を祝したプレイベント

 

オトナ女子におくる「なんでも魔女商会」の同窓会

~ひと晩限りのお悩み相談支店 OPEN! ~

 

予告どおり、10月31日ハロウィン当日に開催しました。

今回は、この同窓会の企画から当日までの裏側をレポートしちゃいます!

 

『なんでも魔女商会』は、小学生の女の子を中心に人気のシリーズ。第一巻『なんでも魔女商会 お洋服リフォーム支店』を2003年11月に刊行してから、来年で刊行15周年。刊行当時に小学生だった読者は、今や20歳以上になっています。

15周年を前に、岩崎書店のスタッフは、これまで読者の皆さんからいただいたファンレターや読者ハガキを読み返しました。

改めて感じたのは、読者の方々への深い感謝の気持ちです。「なんでも魔女商会」シリーズの刊行当初からご愛読いただいた、皆さまへの感謝を伝えたい! そして、魔女商会にまつわる思い出や思い入れを聞かせてもらいたい! というところから、この企画が始まりました。

コンセプトを提案したのは、岩崎書店の社長です。

「あんびる先生と刊行当初からの読者が集う同窓会を、岩崎書店が開催しよう」

「あんびる先生にもファンの方々にもサプライズなお祭りにしたいから、ハロウィンの夜に仮装して集うのはどうだろう」

「ハロウィン当日に一番盛り上がる渋谷の街なら、会場に来るまでも非日常な雰囲気を味わって盛り上がるよね」

ということで、同窓会のプランが決まっていきました。

 

日時:10月31日 ハロウィンの夜

参加条件:18歳以上、30名様限定 仮装でいらしていただくこと 

会場:渋谷のお洒落なカフェ BOMA TOKYO

なんと会場も社長自ら探してくれました! 渋谷のど真ん中にありながら、普段は赤ちゃん連れのファミリーも多い、隠れ家的なカフェBOMA TOKYOさんです。

続きを読む

素潜りの水中光線色!? ユニークな500色の色えんぴつをイラストレーターが使ってみた 後編

「500色の色えんぴつ TOKYO SEDDS」のユニークな名前に惹かれフェリシモさんのオフィスに伺っている今回。

前編では「500色の色えんぴつ TOKYO SEDDS」の製作秘話を中心に伺ってきました。

前編はこちらから↓

http://www.iwasakishoten.site/entry/iroenpitsu/dangi1

 

後編ではイラストレーターくぼあやこさんの色えんぴつの使い方に迫ります。実際に絵を描く姿を見られるのはとても貴重! 「素潜りの水中光線色」をイメージした即興スケッチもあります! それでは最後までお付き合いください。

 

詳しい製品情報はこちらをご覧ください↓

www.500.gifts

 

クレヨンを溶かして描く、くぼさんの特別な絵の描き方

 くぼさんは普段どのような色えんぴつを使っていますか?

 力強くグリグリ描くのが好きなので芯が太く、油分の多いものを使っています。フェリシモさんの色えんぴつも旧モデルより第四世代のものが好きですね。

 どういうときに色えんぴつを使われていますか?

 普段クレヨンをアイロンで溶かして描いているので、その補助の形で細かいところに色えんぴつを使っています。

フェリシモ 500色の色えんぴつ くぼあやこ 岩崎書店のブログ
クレヨンを溶かして描いた絵をお見せ頂きました。クレヨンで塗った絵の上にトレーシングペーパーをかけて、その上からアイロンをかけるそうです。そうするとクレヨンが溶けてトレーシングペーパーが油を吸い、波をうったような変わった模様が出てきます。

続きを読む

素潜りの水中光線色!? ユニークな500色の色えんぴつをイラストレーターが使ってみた 前編

こんにちは。岩崎書店のブログ管理人の大塚です。

 

いきなりですがみなさんはこちらの色を思い浮かべることはできるでしょうか?

 

森のビール祭りの歌声色

素足でたたずむテラコッタのテラス色

まっさらな郵便配達の自転車の色

 

う……歌声色!? テラコッタ……!?

初めて聞く言葉ばかりですが、なんだかとてもロマンチック。

実はこちらはフェリシモさんから発売されている「500色の色えんぴつ TOKYO SEEDS」の色名です。そう、このような変わった名前の色えんぴつが500本もあるんです!

なぜこのようなユニークな色名をつけたのかすごく気になる……ということで、今回は500色の色えんぴつの秘密を探るべく、株式会社フェリシモの広報担当石井様にお会いしてきました。

そして今回は特別にイラストレーターのくぼあやこさんにもお越しいただき、色えんぴつのプロフェッショナル同士の「色えんぴつ対談」を前後編の2本立てでお送りします。

後編ではくぼさんの描き下ろしイラストも公開しますのでご期待ください!

それでは早速ご覧ください。

 

フェリシモ 500色の色えんぴつ くぼあやこ 岩崎書店のブログ
「500色の色えんぴつ  TOKYO SEEDS」はフェリシモさんのオリジナル商品です。注文すると毎月20本が手元に届き、25ヵ月かけて500色を揃えていきます。第一世代が1992年に発売されてからこれまでに世界55ヵ国で販売。今年の2月に大幅リニューアルされた第四世代が発売。毎月テーマごとに送られる色えんぴつは四角のフォルムと太い芯が特徴的です。月々2600円+税でお申し込み受付中。

 

 

より詳しい製品情報はこちらをご覧ください↓

www.500.gifts

 

はじまりは「鯉のぼりの泳ぐ空」色?

大塚(以下大)「500色の色えんぴつ TOKYO SEEDS」のユニークな色名に惹かれてここまで来てしまいました! 例えば 「JOLLY GRAND あなたに出会えて本当うれしい! っていう色」に関しては、もう文章ですよね!?

フェリシモ広報の石井さん(以下石) 確かにそうですね(笑)。現在500色の色えんぴつは第四世代を販売していますが、最初のシリーズである第一世代からこのようなユニークな名前をつけています。

はじまりは、社長の「鯉のぼりの泳ぐ空、みたいな感じで名前が全部違ったらおもしろいやん」という発言でした。

フェリシモ 500色の色えんぴつ くぼあやこ 岩崎書店のブログ 
 

 面白い社長さんですね!

 しかも第一世代は500色の色名を弊社社員4人で考えたんですよ。

続きを読む