岩崎書店のブログ

ようこそ! ここは子どもと本のメディアです

うちの本がバズってる!? 緊急発売『よく考えて! 説明のトリック 情報・ニセ科学<縮刷版>』

ー 2017年 11月14日 岩崎書店会議室 ー

 

CEO大変です!

うちの本がバズってます!

 

f:id:iwasakishoten:20171207000810j:plain

                                

 

社員一同 いいねが6万超え!!! 

   リツイートが3万以上!!(11月14日現在) 

 

CEO こ……この本、すぐに持ってきて!!! 

 

よく考えて! 説明のトリック 情報・ニセ科学<縮刷版> 岩崎書店のブログ岩崎書店CEO 岩崎夏海

『ウソ?ホント?トリックを見やぶれ3 

          よく考えて!説明のトリック 情報・ニセ科学』

2016年の3月に発売された図書館向けの本。
「情報」の多面性や相対性を多数のイラストやクイズ、図解で楽しく体感させ「情報リテラシー」を育てるような内容になっています。
血液型の性格診断のトリックや円グラフのトリックなど、一見科学的に思える説明や統計の数字にこそ、ワナが隠されていまるといったことも……。読んでみると目から鱗な話がたくさんあります。

 

SNS上では、「学校の授業で取り上げたほうがいい」「簡潔で素晴らしい情報リテラシーの本」「親にプレゼントした」というなんともありがたい声がありました。
ただし図書館用の本のため判型が大きく、その分価格も3,240円(税込)と高くなっていて、「けっこういい値段するな」という声も多数……。

 

社員 値段が高いという声がいくつもあがってますね。

 

CEO そうだな……。

 

f:id:iwasakishoten:20171206231928j:plain

 

社員 サイズも少し大きいですよね


CEO ……。

  よし、これは値段を下げた縮小版の発売だ!

 

社員  おぉぉ!

 

CEO  しかも年内中に!!!

 

社員  えっ!!!……ざわざわ……年内ですか? しかしさすがに時間が……

 

CEO  もうね、こういうのはとにかくスピードが命だから

 

社員  ……。(大変なことになったぞ)

 

 

ということで緊急発売決定!!!

  

続きを読む

ちば先生も知らなかった、ちばてつや。「みなもとさんよく調べたね」~ちばてつや・みなもと太郎マンガの歴史を語る〜 後編

 9月8日(金)に『マンガの歴史1』の刊行記念として、ちばてつや先生、みなもと太郎先生のトークショー「ちばてつや・みなもと太郎、マンガの歴史を語る」が行われました。その様子を前・中・後編の3本立てでお送りしている今回、こちらが最後の後編となっています。

 

岩崎調べる学習新書 (1) マンガの歴史 1

岩崎調べる学習新書 (1) マンガの歴史 1

 

 

中編は、あしたのジョーの誕生秘話や、みなもと先生にしか聞けないコマわりの話が飛び出しました。最後となる後編は、ちば先生もびっくりの『あしたのジョー』の原点の話や伝説の電気あんまの話も飛び出し、会場のボルテージは最高潮に。それでは最後までお付き合いをよろしくお願いします!

 

前編はこちら↓

ちば先生も知らなかった、ちばてつや。「みなもとさんよく調べたね」~ちばてつや・みなもと太郎マンガの歴史を語る〜 前編 - 岩崎書店のブログ

中編はこちら↓

ちば先生も知らなかった、ちばてつや。「みなもとさんよく調べたね」~ちばてつや・みなもと太郎マンガの歴史を語る〜 中編 - 岩崎書店のブログ



あしたのジョーの原点があった!? 今夜は眠れない

 益子かつみ先生の『鉄拳涙あり』という雑誌日の丸に連載した作品ですが、ご存知でしょうか?

ちばてつや みなもと太郎 マンガの歴史
 益子かつみさん? 先輩ですね。

 日の丸で連載していて、最初にボクシングで死んでしまったボクサーの仇を打つ話ですが、この主人公の名前が矢吹なんです。

ちばてつや みなもと太郎 マンガの歴史
(会場騒然)
 えぇ! それは知らない。

 その矢吹くんのお父さんを殺してしまった年老いたボクサーが、矢吹少年がチンピラと戦うところを横で見て、いろいろと解説を読者向けに行います。

 これは初めてみました。矢吹っていうの? 主人公の名前? あらー。

 ここで矢吹が「どっからでもかかってこい」と言っているのを「おーあの構えはすばらしい」と見ている人がいます。

ちばてつや みなもと太郎 マンガの歴史
 段平ですねこれは。
(会場笑)

 この後もいくつか類似点はでてくるんですけど。

 ストーリーも?

 この後、矢吹くんが強いのとやり合って、少年院には入りませんが、留置場で仲良くなります。
(会場笑)

 へー。それはマンモス西じゃないですか。
(会場笑)

 それでヒロインの方はみなし子たちを一生懸命に集めます。

 へー。白木葉子?
(会場笑)

 いや 白木葉子ではなくて、タイガーマスクの世界に近いです。

 これはびっくり。すごいね。全然知らなかった。

 あとは、ハーフの不良少年が出てきますが、名前が「ジョー」です。
(一同爆笑)

 益子かつみさんのオリジナル作品ですか?

 はい。これは完全なオリジナルです。こういう先行作品があることはあるんです。

 今晩眠れない、私。
(一同爆笑)

続きを読む

ちば先生も知らなかった、ちばてつや。「みなもとさんよく調べたね」~ちばてつや・みなもと太郎マンガの歴史を語る〜 中編

 9月8日(金)に『マンガの歴史1』の刊行記念として、ちばてつや先生、みなもと太郎先生のトークショー「ちばてつや・みなもと太郎、マンガの歴史を語る」が行われました。その様子を前・中・後編の3本立てでお送りしている今回、こちらは2本目の中編となっています。

岩崎調べる学習新書 (1) マンガの歴史 1

岩崎調べる学習新書 (1) マンガの歴史 1

 

 

前編はちば先生の幼少期のお話や、みなもと先生の急なお詫びが飛び出し会場が笑いの渦に。中編はみなもと先生の鋭いつっこみが更に増し、隅々まで作品を読んでいるみなもと先生の「ちばてつや愛」を感じる内容となっています。梶原一騎先生のお話も登場します。それでは早速お読みください。

 

前編はこちらから↓

ちば先生も知らなかった、ちばてつや。「みなもとさんよく調べたね」~ちばてつや・みなもと太郎マンガの歴史を語る〜 前編 - 岩崎書店のブログ

 

後編はこちらから↓

ちば先生も知らなかった、ちばてつや。「みなもとさんよく調べたね」~ちばてつや・みなもと太郎マンガの歴史を語る〜 後編 - 岩崎書店のブログ

 

 

 

コマわりはマンガの命。胸が痛みます。

 さきほどの『ユカをよぶ海』ですが、こちらは付録版となります。
このときは見開きで、

ちばてつや みなもと太郎 マンガの歴史

 次にこのページです。

ちばてつや みなもと太郎 マンガの歴史

 これが単行本になりますと、このような見開きになっています。

ちばてつや みなもと太郎

 左右が入れ替わっちゃうんですね。

 これ間違えたの?

 いえ違います。途中でどうしても扉絵を抜かなきゃいけないですし、ページ数の関係で変更されています。

 どっちが良かったの?

 当然最初に先生が描かれたものが良かったに決まっていますが。
(会場笑)

 単行本にするときに私はあまりかかわっていないですね。扉絵をちょっと抜きますよというのは聞いていますが、どうなるということは知らなかったね。うっかり。

 ご自分でわかってない。
(会場笑)
 見開きになってしまうんですね。本当はめくればこの場面になるはずのところが。

ちばてつや みなもと太郎 マンガの歴史

続きを読む

ちば先生も知らなかった、ちばてつや。「みなもとさんよく調べたね」~ちばてつや・みなもと太郎マンガの歴史を語る〜 前編

みなさん、こんにちは!

「岩崎書店のブログ」管理人の大塚芙美恵です。

 9月8日(金)に『マンガの歴史1』の刊行記念として、ちばてつや先生、みなもと太郎先生のトークショー「ちばてつや・みなもと太郎、マンガの歴史を語る」が行われました。

『マンガの歴史1』の著者であるみなもと太郎先生は、大ヒットマンガ『風雲児たち』などでお馴染みですが、他方では「マンガ研究家」としても知られています。

ちばてつや先生といえば『あしたのジョー』や『おれは鉄兵』といった数々の名作を世に出し、今でもその作品たちは皆に愛されています。もちろんみなもと先生もちばてつや作品を小さい頃から読みこんできました。

そんなみなもと太郎先生が、マンガ史において重要な役割を果たされてきたちばてつや先生にお聞きしたいことが山ほどあるということで、このトークショーは実現しました。

ちば先生ご本人さえも知らなかったマニアックな質問が飛び出し、会場が騒然となる場面も!? 

ちば先生のあんな話やこんな話、そしてみなもと先生の鋭いつっこみに、時間を忘れる2時間半となりました。

そんなトークショーの様子を前編、中編後編とわけてお送りします。それでは参加者170名が爆笑の渦につつまれた歴史的瞬間をどうぞご覧ください

(司会 岩崎書店CEO岩崎夏海)

 

岩崎調べる学習新書 (1) マンガの歴史 1

岩崎調べる学習新書 (1) マンガの歴史 1

 

 

ちばてつや みなもと太郎 マンガの歴史(左 岩崎夏海 中央 ちばてつや先生 右 みなもと太郎先生)

やっかいな依頼がきたな

岩崎夏海(以下「岩」)まず初めにちば先生は今回のトークショーの依頼がきたときにどのような感想をお持ちになりましたか?

ちばてつや先生(以下「ち」) やっかいなことになったなと(笑)。マンガ家の頭というのはあまり年表を詳しく覚えている人がいないんですよね。みなもとさんはとても詳しく覚えているので、そういう人に色々聞かれるとやっかいだなと、ちょっと思ったんです(笑)。

 みなもと先生はちば先生にお聞きしたいことがたくさんあると。

 それはね。ちょいと。怖い。
(会場笑)

続きを読む

幸せになる!だっこの不思議

あなたはお子さんをどのくらいだっこしてますか?

「ハグのきっかけをくれた絵本」と多くの読者からお声をいただいている『だいすき ぎゅっ ぎゅっ』。前回は本作の訳者である福本友美子さんに、作品の魅力を伺いましたが、やはり、人気の最大の秘密は「ぎゅっ」とだっこする場面にありそうです。そこで今回、担当編集者と共に『幸せになる脳はだっこで育つ。』(廣済堂出版)の著者でスキンシップ研究の第一人者である、身体心理学者の山口創先生の研究室を訪ね、だっこの効用や影響などについてお聞きしました。

山口創 だいすきぎゅっぎゅ 岩崎書店のブログ

山口創(やまぐちはじめ)

1967年静岡県生まれ。桜美林大学リベラルアーツ学群准教授。臨床発達心理士。 早稲田大学大学院人間科学研究科博士課程修了。専攻は、臨床心理学・身体心理学。親子や夫婦、恋人同士のスキンシップについての研究を行う。『子供の「脳」は肌にある』(光文社新書)、『手の治癒力』(草思社)など著書多数。

 

幼少期のスキンシップがその後の人格形成につながる

 

山口コミュニケーションの基礎は、幼少期につくられます。特に、肌に触れる「タッチング」は、生後初期段階から大事であると言われているため、親子のスキンシップについての研究を始めました。データをとってみると、幼少期のスキンシップの有無によって、その後の人格形成に違いが出ることがわかりました。例えば、スキンシップが多い子どもは、共感能力や自己肯定感が高く、かつ攻撃性が低いなど、情緒的に安定しており、逆にスキンシップが足りない子どもは、情緒が不安定で、鬱病や摂食障害につながるなどのデータが得られています。

 

── そもそも、親はなぜ子どもをだっこするようになったのでしょうか。

 

山口哺乳類のだっこの原点は、主に「運搬」です。ねこやねずみは、子を運ぶときに口でくわえますが、子ねこたちも親が運びやすいように背中を丸め、おとなしくしています。これを「輸送反応」と言いますが、人間の赤ちゃんも、だっこされると自然に背中がまるくなりますよね。これが子どもにとって居心地よく、安心できる姿勢だと言われています。

 

── 確かに、おなかのなかにいるときから丸まっていますよね。だっこされる準備だったのでしょうか?

 

山口そうかもしれませんね。泣いている赤ちゃんをだっこしながら歩くと、泣きやんで眠ることがありますね。これは輸送反応によるもので、おとなしくなるだけでなく、リラックスした状態になるのです。だっこの原点は、この運搬から、子どもを「守る」、「安心させる」というだっこに移っていったのではないかと言われています。

 

続きを読む

今、この日本で虐待の容疑がかからないようにするには ~人の子どもを抱っこしたばかりに、虐待の容疑をかけられることもある!

前回の、脳外科医の藤原一枝先生による「虐待の容疑者特定のプロセスの理不尽さ」についてのブログには、藤原先生のところに医師をはじめ、関係者や親御さんから「これは大変だ」という声がたくさん届いたそうです。

 

www.iwasakishoten.site

この虐待の犯人探しの実際を知れば、怒りとともに、自分はこのワナにはまらないようにしよう、と思うはずです。

今回は自分の子どもでなく、他人の子どもを抱いたばかりに虐待の容疑をかけられたお話を藤原先生におまとめいただきました。

人の子どもは安易に触れない! なんだか世知辛い思いがしてきます。

藤原一枝

藤原QOL研究所 代表

元・東京都都立墨東病院脳神経外科医長

愛媛県松山市生まれ。岡山大学医学部卒業後、日赤中央病院(現・日赤医療センター)小児科・国立小児病院(現・成育医療センター)小児神経科を経て、1974年から東京都立墨東病院脳神経外科勤務。1999年藤原QOL研究所設立。2012年からの中学1,2年の武道必修化に対し、青少年の柔道事故死の中に脳振盪軽視があることを分析し、警告を発した。国際的なスポーツ脳振盪評価ツール(SCAT)を翻訳し、公開している。

出版物は「まほう夏」「雪のかえりみち」(共に岩崎書店)など児童書のほかに「おしゃべりな診察室」「医者も驚く病気の話」「堺O-157 カイワレはこうして犯人にされた!」など。

 

f:id:iwasakishoten:20171127110056p:plain

 

続きを読む

不良品じゃないんです! 製本方法が独特な『マンガの歴史1』

こんにちは。岩崎書店のブログ管理人の大塚芙美恵です。

唐突ですが今年の8月に岩崎書店より発売された『マンガの歴史1』を読んでいます。

 

マンガの歴史 コデックス装

岩崎調べる学習新書 (1) マンガの歴史 1

岩崎調べる学習新書 (1) マンガの歴史 1

 

 

マンガの歴史 岩崎書店ブログ

みなさん何かお気づきでしょうか?


こちらをご覧ください。

マンガの歴史 コデックス装

(左)マンガの歴史1 (右)一般的な製本の書籍

そうです! 『マンガの歴史1』はページがパカーっと開くんです。手を離してもパタンと本が閉じることなく読むことができます。

この製法は「コデックス装」といって、製本界で今、注目されている製法です。

 

『マンガの歴史1』は岩崎調べる学習新書のシリーズ第1巻目として発売されました。子どもたちが本を読みながら自発的に「調べる学習を行ってほしい」という思いがこもっています。そのため、本に直接書き込みやすいように、ページがぱかーっと開くコデックス装を採用しました。

 

マンガの歴史 コデックス装

f:id:iwasakishoten:20171013155056j:plain

 

ただ……カバーを外し、本の背を見ていていただくと

マンガの歴史 岩崎書店

 ……。

 

マンガの歴史1 

「あれ? 背表紙はどこに!?」といった声が聞こえてきそうです。

実際に何件か「不良品では……」というご心配の声もいただきました。

もちろん不良品ではなく、「ページパカッと」を実現する上で必要な見た目です。
でも私は思いました……。これどうやって作ってるの?

そこで、今回は実際に製本の様子をみていただこうと思い立ち、『マンガの歴史1』の製本現場をレポートしようと思います。

 

続きを読む