岩崎書店のブログ

ようこそ! ここは子どもと本のメディアです

キティちゃんだけじゃない! サンリオが新たに手掛けるキャラクタービジネス

 サンリオ、と言えば皆さまどのキャラクターを思い浮かべるでしょうか。

まず「ハローキティ」は鉄板ですよね。「ハローキティ」を知らない日本人はほぼ皆無じゃないかと思うレベルで、日本だけでなく、今や世界を股にかける人気キャラクター。
あらゆる企業やキャラクターともコラボされており、「キティさん、仕事選ばない……ッ!」などとSNSでも都度話題になる程です。

ところが、ここ数年、「え!?  これってサンリオさんのキャラクターだったの?」と思うような、「意外な」キャラクターも続々登場している事をご存知ですか?

たとえば、こちらのキャラクター

f:id:chida_h:20170606153105j:plain

「SHOW BY ROCK!!」 (C) 2012,2017 SANRIO CO.,LTD.  SHOWBYROCK!!製作委員会

「えっ、これサンリオさん?」と思われた方。

そうです、サンリオさんのキャラクターなんです。筆者はちなみに、プラズマジカのレトリーちゃん(Vo+B)推しです。メガネ&ツインテール&褐色肌最高。

はたまた、こちらのキャラクター。

f:id:chida_h:20170606153517j:plain

「サンリオ男子 - 俺たち、青春、はじめました。」 (C) 1976,1996,2001,2015,2017 SANRIO CO.,LTD.

「『サンリオ男子』? なんぞ??」と思う方もいらっしゃるでしょう。でも彼らだってもちろんサンリオさんのキャラクター達です。

サンリオといえば、ある一定世代以上の女性なら子どもの頃から知っていて、誰しもひとつやふたつは、サンリオさんのキャラクターグッズをお持ちだったのではないでしょうか。

でも今、先程の「SHOW BY ROCK!!」や「サンリオ男子」など、これまでの我々が知っている(イメージしている)のとは違う、様々な個性あふれるキャラクターが登場しているのです!

そんな、意外な(?)キャラクター達が生まれた理由をサンリオさんに伺うべく、取材して参りました!

 

f:id:chida_h:20170605151652j:plain

続きを読む

おもちゃ紹介動画で人気の親子ユーチューバーが、いま専業化した理由

 

f:id:iwasakishoten:20170602101951j:plainまえちゃんねる 終了画面

 

Google日本法人は、子ども向けのYouTube視聴用アプリ「YouTube KIDS」を5月31日に公開しました。コアターゲットは2~10歳。子どもにも使いやすい設計、アルゴリズムでフィルタリングされた動画、視聴時間を制限するタイマー機能など、子どもが安心・安全に視聴できるしくみとなっています。

子どもとその家族のさらなる利用拡大が見込まれるYouTube。一般の新規参入が爆発的に増える一方で、大手出版社や映画会社などもコンテンツ制作に本格参入し、活用実績も増えています。そんな中、登録者数を着実に増やしたユーチューバーがいます。

 

◆親子ユーチューバー「まえちゃんねる」

小学生に人気の親子ユーチューバー「まえちゃんねる」をご存知でしょうか。パパの前原さん(40歳)と息子のえいしんくん(小学3年生)が登場するYouTubeのチャンネルです。

親子のほのぼのとした【おもちゃ紹介】や【ゲーム実況】の動画が子どもファンの心をつかみ、チャンネル登録者数は約13万人、動画再生回数は1億8200万回超とYouTube上で大人気を博しています。

影響力を持つ親子ユーチューバーとして、マネージメントプロダクションのUUUMに所属し、企業からのオファーやイベントにもひっぱりだこのお二人ですが、この5月、前原さんが一大決心の末、会社勤めを辞め、ユーチューバーに専念することにしたとのこと。

世間でユーチューバーの存在感が益々大きくなると同時に、新規参入者も爆発的に増え、ユーチューバー戦国時代とも言われている今、専業ユーチューバーへの転向を決意したのでなぜしょうか?

動画投稿をはじめたきっかけから、人気を獲得するまでの経緯、毎日新しい動画を更新する理由、そして気になる今後の展開について、お話を伺いました。

f:id:iwasakishoten:20170602102002j:plain

まえちゃんねるの前原さん親子。所属するUUUM株式会社にて

続きを読む

秋山翔吾選手(埼玉西武ライオンズ#55)がグラウンド外で行っている野球以外の活動とは?

こんにちは。あつい日が続いていますね!

先日も真夏日を記録して……ってその「暑い」じゃなく、プロ野球の「熱い」戦いが連日繰り広げられています。

今シーズンのプロ野球の開幕は3月末。ペナントレースも開始から早3か月が経ちつつあり、そろそろ「今年は○○が強そう」とか「もう優勝はないな……」など、気が気でない毎日をお送りのファンもいらっしゃることと思います。プロ野球のレギュラーシーズンはおよそ半年なので、各球団ともそろそろ年間試合数のおよそ4割を消化したくらいでしょうか。

セ・パ交流戦も今日から後半戦! ひいきの球団や特定の選手の話題で盛り上がるのもまた一興ではございますが、今回はプロ野球選手のもうひとつの顔に迫ってみました。


意外に多い、プロ野球選手のボランティア活動

日本のプロ野球界では、ボランティア活動をしている選手が少なくありません。そして、その内容も多岐にわたっています。例えば、1軍での登板時に投球数に応じてワクチンを寄付、1年間の盗塁数と同数の車いすを寄贈、1年間の投球回数と同数のランドセルを児童養護施設の子どもに贈呈、などが挙げられます。現役の選手ももちろんいらっしゃいます。さらに、海の向こうのMLB=メジャーリーグでは、日本に比べてボランティアに携わる選手が多く、金額の規模も大きいことは有名な話。

今回取材を行った埼玉西武ライオンズ(以下ライオンズ)の秋山翔吾選手は、ひとり親家庭の親子を球場に招待し、観戦してもらうプロジェクトを行っています。

今シーズンは、ライオンズのホームゲーム開催日のうち年4回・合計約160名の親子をメットライフドームに招待する予定とのことで、筆者は第2回目の5月7日(日)に立ち合わせていただくことができました。

 

秋山翔吾選手の「ひとり親家庭の球場招待イベント」

試合開始時間は13時。「昼から仕事なんてゆっくりでいいな……」と思う方もいるかもしれませんが、そんなことはありません! 選手の集合は9時とのことで、試合前にも入念にコンディションを整えています。一年間戦い抜く選手たちは、試合前のいわゆる「ルーティン」をこなして、その試合ごとにベストを尽くすための準備を行っているのです。

この日は、試合前練習が終了した直後の10時半から11時までの30分の間に、招待された親子を迎えてライオンズの選手たちの練習見学、そして秋山選手とのサイン会と撮影会を行うというスケジュールでした。

5月7日当日、まだ人もまばらな時間帯に球場の周りを見渡すと…ありました!秋山選手(背番号55)の顔写真入りの旗が。

f:id:iwasakishoten:20170527102528j:plain

さらによくよく眺めると、目に入る色のうちピンク色のものが普段よりも多くありました。ピンクリボンが印刷されたのぼりが立っていたり、離れたところには乳がん検診車が停まっていたり。何かあるのでしょうか。

 

そうなのです、この日は翌週14日の母の日に先駆けた1週間早い母の日企画「LIONS HAPPY MOTHER'S DAY」の開催日だったのです。母の日にライオンズは遠征のため、ホームのメットライフドームで試合が行われる直近の日程を選んでいたのですね。主催試合を通じて球団として、母の日にちなんだ啓発活動を行っていました。

球団職員の方にお伺いしたところ、「LIONS HAPPY MOTHER'S DAY」は2014年に開始された企画なのですが、秋山選手による「ひとり親家庭の球場招待」はこの企画にからめて秋山選手ご自身の発案から2015年から始められたとのことです。

 

続きを読む

飼い主が犬に「なめられる」のは社会問題さえ引き起こす危険性がある~擬人化された日本の犬たちが招くトラブル~

2017年3月、小さな女の子が祖父母宅で、その家の飼い犬に噛まれ、亡くなるという痛ましい事件が起きた。この他にも、飼い犬が人間を噛み、怪我をさせるという事件が増えているという。

犬は、人間にとっては一番親しい動物だ。私たち岩崎書店では、そんな犬についての本をこれまで数多く出してきた。そのため、人間と犬とのトラブルが増えることは、私たちにとっても気がかりだし、他人事ではない。

そこで今回は、岩崎書店で犬の本を書いてくださったり、出版の際にご協力くださったりした専門家の方々に、「今どうしてこういう問題が増えているのか?」また「どうやって解決したらいいのか?」を窺ってきた。

続きを読む

私って「あるある」作家だったんだ!〜絵本『いっさいはん』の作者minchiさんに聞く制作秘話〜

 昨年の11月に岩崎書店より発売された『いっさいはん』。

いっさいはん

いっさいはん

 

1歳半の子どもの予測不可能な行動を描いたこちらの絵本は、全国の親御様から大変多くの反響──特に「共感の声」をいただいております!

みなさまのご愛読に感謝の気持ちを込めて、今回は作者のminchiさんにお話を伺ってきました。

作中で、愛おしい姿を見せてくれたお嬢さんも、今ではなんと小学生!

知られざる『いっさいはん』の制作裏話や、お嬢さんのお話、次回作のことなどもお聞きしました。

顔出しNGということですので、かわいらしいお面での登場です。
それでは早速、ご覧ください!
(インタビュアー:岩崎夏海)

 

f:id:iwasakishoten:20170519170019j:plain

(左)minchiさん(右)岩崎書店CEO 岩崎夏海

続きを読む

子どもがYouTuberになりたいと言ったら、 親はどう対応すればいいですか?

 わが子がYouTuberになりたいと言い出した!

「ウチの息子がYouTuberになりたいと言い出したんです。中学3年生で、これから受験だというのに…」ある日のこと、どんよりした顔の同僚から困った様子で相談が。
今やYouTuberは「将来なりたい職業ランキング」に登場するほど身近な存在。芸能人以上に稼ぐYouTuberもいるよね~なんて話をしていたところでした。

 f:id:iwasakishoten:20170502110909j:plain

将来なりたい職業 2017年3月ソニー生命調べ

 

www.itmedia.co.jp

 

 

f:id:iwasakishoten:20170502110912j:plain

YouTuberになりたいという中3男子のAくん

 

f:id:iwasakishoten:20170502110915j:plain

AくんがハマっているPockyさんのYouTubeチャンネル

 

親としては、子どもの夢を言下に一蹴するのは憚られるし、かといって職業とするには不安の方が先に立つ。
わが子がYouTuberになりたいと言ったら、親はどう対応すればいいのでしょうか。進学と就活に関する著書を多数出版し、高校生への進路相談経験も豊富な石渡嶺司さんにアドバイスをいただきました。

 

f:id:iwasakishoten:20170502110919j:plain

石渡嶺司(いしわたりれいじ)
1975年北海道札幌市生まれ。ライター・大学ジャーナリスト。教育問題、就職活動を主なテーマとする。『キレイゴトぬきの就活論』(新潮新書)、『女子学生はなぜ就活に騙されるのか』(朝日新書)、『教員採用のカラクリ』(中公ラクレ、共著)など著書多数。 主な連載は「ホンネの就活ツッコミ論」(日経カレッジカフェ)、「石渡嶺司の反就活学」(毎日新聞大阪本社)、「キャリアの流儀」(北海道新聞社)「大学も就活もコノヤロー」(Yohoo!ニュース個人)など。

続きを読む

地域の人と一緒に生きる!? 地方暮らしのホントのところ

つ、つかれた……

ここ(私の仕事場)は大都会東京の原宿。平日もゴールデンウィーク中も、この辺りはどこへ行っても人、人、人。

すっかり東京で消耗してしまいました。

 

そんないつもの昼休み……

 Facebookいじっていると……

 

f:id:iwasakishoten:20170417152935j:plain

 

f:id:iwasakishoten:20170417153139j:plain

 

とても楽しそうな生活!

3年前に島根県に突如引っ越した友人、松原真倫さんの姿でした。

 

・そういえば、松原さんも東京で消耗していたのかな?

・私も地方で暮らしたら、こんなに元気になれるの?

・地方で暮らすってどういう感じ?

 

そこで松原さんが島根から仕事で東京に出張してきた折に、地方で暮らすリアルを聞いてきました!

 

f:id:iwasakishoten:20170417153252j:plain

松原真倫さん

1986年、東京都生まれ。慶應義塾大学大学院政策メディア研究科修士課程修了。大学では政治学の研究室に所属し、主に自治体研究に取り組む。20144月より株式会社FoundingBaseに入社、島根県津和野町に赴任。津和野高校魅力化コーディネーターとして全国の中学生やその保護者への広報、総合学習の設計・運営、町営英語塾のHAN-KOH運営などを務める。

 

続きを読む