岩崎書店のブログ

ようこそ! ここは子どもと本のメディアです

ちばてつや先生・みなもと太郎先生によるトークショー開催のお知らせ!~みなもと太郎先生がちばてつや先生に話を伺いたい3つの理由~

f:id:iwasakishoten:20170728183519j:plain

大ヒットマンガ『風雲児たち』などでお馴染みのマンガ家・みなもと太郎先生は、他方では「マンガ研究家」としても知られています。先生のご自宅の書斎には地下室があるのですが、そこはこれまで収集された膨大な数の資料性の高いマンガで溢れていらっしゃいます。あるいは先生のパソコンの外付けハードディスクには、マンガに関する膨大な映像資料が保管されてもいます。

そんなみなもと太郎先生が、この度初めてとなる本格的な「マンガ史」をご執筆なさいました。その名もずばり「マンガの歴史 1」(岩崎書店・1000円+税)。

岩崎調べる学習新書 (1) マンガの歴史 1

岩崎調べる学習新書 (1) マンガの歴史 1

 

 

みなもと先生は団塊の世代であるため、手塚治虫先生によって隆盛してきた日本マンガを読者として、リアルタイムで体験されてきました。また長じてからはマンガ家になられたため、そのお立場を利用され、マンガ界のさまざまな一時情報にも接してこられました。そこでさまざまな先生や編集者の方々から、直にお話しを伺ってきたのです。

そんなみなもと先生がマンガ史を書かれるというのは、これはもう一つの事件ともいえるのかと思います! マンガ史は、これまでにもいくつか書かれてはきましたが、みなもと先生によるマンガ史は、そこに新たな情報や史観、またサジェスチョンなどの一石を投じることになるのではないでしょうか。


ちなみに、今回のご本は全4巻のうちの第1巻で、続刊も順次刊行予定です。

そんな待望のマンガ史を執筆されたみなもと先生が、今、最もお話を伺いたいマンガ家の一人が、ちばてつや先生です。

ちばてつや先生は、言わずと知れた『あしたのジョー』の作者(作画を担当、原作は高森朝雄〈梶原一騎〉先生)です。それ以外にも、『おれは鉄兵』『のたり松太郎』といった数々のヒット作を、これまで生み出してこられました。

そんな「生きるマンガ史」ともいえるようなちば先生に、マンガ研究家のみなもと先生がお話を伺いたいというのはある意味当然といえるかもしれないですが、ただそれ以上にそこには大きく三つの理由が存在するのです。

■会いたい理由その1「憧れの存在」

まず、みなもと先生にとってちば先生は「憧れの存在」ということがあります。
というのも、ちば先生は『あしたのジョー』をはじめとする「少年マンガ」の作者として有名なのですが、実はデビューは「貸本マンガ」であり、その後もしばらくは「少女マンガ」を描いておられました。そしてみなもと先生は、子どもの頃にお姉さまが少女マンガを購読されていた関係で、少女マンガにも慣れ親しんでこられたのです。

おかげで、デビュー間もないちば先生のマンガをリアルタイムで読まれていました。そして幼きみなもと先生は、そこで度肝を抜かれたのだそうです。
なぜかといえば、ちば先生のマンガの描き方が、これまでのマンガ家とは大きく異なっていたからです。具体的には、そこで細かい生活描写をしたり、時間の経過を丁寧に描いたりされていたからです。

実は、それはちば先生の大きな個性であり、一種の発明でもありました。しかもちば先生は、当時、編集者に反対されながらもそれを描かれていたのだそうです。つまり、それほど革新的な表現でもありました。

みなもと先生は、それをご覧になって度肝を抜かれたのです。そして「これはすごいマンガ家が現れた」と、当時から注目されていたそうです。


そのこともあって、みなもと先生はちば先生にお聞きになりたいことがたくさんおありになるのです。ちなみに、ちば先生の当時のエピソードは、このご本に詳しいです。

 

ちばてつや自伝 屋根うらの絵本かき

ちばてつや自伝 屋根うらの絵本かき

 

 

■会いたい理由その2「マンガ史における重要性」

みなもと太郎先生が書かれた『マンガの歴史 1』では、戦前から1967年くらいまで――つまり『巨人の星』がヒットした辺りまでが書かれております。
そこに登場するマンガ家の中で、最も回数が多いのはもちろん手塚治虫先生なのですが、それに続く第二グループに、ちば先生も位置していらっしゃいます。

なぜかというと、ちば先生はマンガ史における重要なキーマンのお一人だからです。それは、少女マンガ時代に前述した新たな技法を確立したという意味でもそうなのですが、1960年代当時まだ創刊間もない「週刊少年マガジン」誌で、後の『巨人の星』にも影響を与える重要な作品をお描きになられたからでもあります。


その作品とは『ちかいの魔球』です。実は、マンガ史を大きく転換させる『巨人の星』という作品は、『ちかいの魔球』に大きな影響を受けて描かれたのです。『ちかいの魔球』でちば先生が開発されたさまざまな技法や表現が、そのまま『巨人の星』にも継承されたからです。

そのため『巨人の星』は、『ちかいの魔球』がなければ生まれなかったとも考えられます。『マンガの歴史 1』にも、この『ちかいの魔球』について詳しく言及されております。
ですからみなもと先生は、そこのところも当事者であられるちば先生がどのような経緯でそれを描かれたのか、ぜひとも伺ってみたいと思われているのです。


■会いたい理由その3「ルーツの謎」

ちばてつや先生は、『あしたのジョー』などの超有名作品がおありになりながら、そのルーツが独特です。というのも、ちば先生と同年代のマンガ家の先生方は、そのほとんどが手塚治虫先生の薫陶を受けてお育ちになりました。特に『新宝島』という作品に衝撃を受けられた先生方はとても多く、やがて大人になられると、一方はトキワ荘グループを形成し、もう一方は劇画グループを形成されたのです。この両者は、絵柄こそ大きく異なるものの、そのルーツはいずれも手塚マンガと同根なのです。

しかしちば先生の場合は、ちば先生のお母様がマンガにあまり良い印象を抱かれておられなかった関係で、幼い頃に手塚マンガを読めない環境にいらっしゃいました。そのため、トキワ荘グループとも、また劇画グループとも違って、独自のルートでマンガの能力を開花されていったのです。

おかげでちば先生は「手塚治虫の影響を最も受けていないマンガ家」と呼ばれたりもしています。マンガ史を研究されているみなもと先生は、そんなちば先生が子どもの頃、あるいは大人になってから、どんなマンガを読み、どんなマンガ家に影響を受けたかということに、大いに興味がおありになるのです。そのことについて伺いたいというお気持ちが、とてもお強いのです。


そんなふうに、みなもと先生とちば先生は、お話しをされたらマンガ史上の興味深い事実が続々と出てくるであろうことは、想像に難くありません。

そんなお二人のトークショーが、この度実現することとなりました!

お日にちは、2017年9月8日(金曜日)、時刻は18:30からで、場所は東京・飯田橋駅近くにある「日本出版クラブ」です。そこで、みなもと先生の『マンガの歴史 1』の発売を記念し、お二人のトークショーを開催いたします。

このトークショーの詳細については、以下のページをご覧ください。

 

manganorekishi.peatix.com


そして、このトークショーの観覧者を募集いたします!

定員は240名で、定員に達し次第、締切とさせていただきます。

ぜひ、ちば先生・みなもと先生という二大巨匠の歴史的邂逅を目撃されませんか?

みなさまのお越しを、ぜひともお待ちしております!

また、『マンガの歴史 1』についての詳細は、こちらをご覧ください。

www.iwasakishoten.co.jp

以上、ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

岩崎書店代表取締役社長・岩崎夏海