岩崎書店のブログ

ようこそ! ここは子どもと本のメディアです

福本友美子さんに聞く 絵本『だいすき ぎゅっ ぎゅっ』が愛される5つの理由

岩崎書店で絶大な人気を誇る絵本『だいすき ぎゅっ ぎゅっ』。2012年11月の発売以来、販売数は年々伸びています。「わが家もぎゅっぎゅっとしています」というお便りをいただくことも増え、多くの方に愛されるベストセラー作品に育っていますが、なぜこんなにも支持を得ているのでしょうか。そこで今回は、同作を日本語訳した福本友美子さんに、作品の魅力と翻訳に込めた思いを語っていただきました。

記事の最後に福本友美子さんサイン入り絵本プレゼント&キャンペーンのお知らせも!

 
魅力あるイラストは子育ての中で生まれた

 

だいすきぎゅっぎゅっ 福本友美子

福本 友美子 (ふくもとゆみこ)
公共図書館勤務の後、児童書の研究、翻訳などをする。『としょかんライオン』『ひみつだから!』「くまちゃん」シリーズ(いずれも岩崎書店)、『ないしょのおともだち』(ほるぷ出版)、『おやすみ、はたらくくるまたち』(ひさかたチャイルド)、『シンデレラ』(岩波書店)など多数の訳書のほか編著書に『キラキラ応援ブックトーク 子どもに本をすすめる33のシナリオ』(共著、岩崎書店)などがある。

 

── 福本さんは『だいすき ぎゅっ ぎゅっ』と同じデイヴィッド・ウォーカーさんが絵を描いた「くまちゃん」シリーズの翻訳も手がけていらっしゃいますね。ウォーカーさんのイラストを初めてご覧になったときの印象はいかがでしたか。

 

とても可愛らしい絵ですが、可愛らしいだけではなく、よく見ると小さな子どものしぐさをとてもよく捉えていますね。例えば「くまちゃん」シリーズでは、子どものくまちゃんが後ろを向いて「よっこいしょ」と椅子をよじ登る姿や、嬉しくて両手を挙げてぴょんぴょん飛び上がっているところなど、よちよち歩きくらいの幼い子ども独特のあどけなさや無邪気さが、細部にわたって描かれているんです。実際にウォーカーさんの来日時にお話したとき、ご自身のお嬢さんたちの育児にも積極的に参加なさっていたと聞き、子育ての経験があって、子どもをよく観察して絵を描いていらした方なんだなと、納得しました。

  

おすわりくまちゃん

おすわりくまちゃん

 

 
『だいすき ぎゅっ ぎゅっ』は、お母さんと子どもの何気ない一日を描いたお話ですが、元気いっぱいな子どものエネルギーが、イラストにもとてもよく表現されていますね。

だいすき ぎゅっ ぎゅっ

だいすき ぎゅっ ぎゅっ

  • 作者: フィリスゲイシャイトー,ミムグリーン,デイヴィッドウォーカー,福本友美子
  • 出版社/メーカー: 岩崎書店
  • 発売日: 2012/11/28
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログ (4件) を見る
 

 

続きを読む

「セカンドハネムーン」で育む「パタニティ」って? 〜埼玉・川越にパパの育児を支援する施設がオープン〜

もっと子育てに関わりたい。

でも、なかなかうまくできない。
おまけに出産後、妻との関係もぎくしゃく。
……そんなパパに子育てのノウハウを学んで、ママとのいい関係をキープするためのコ ツをサポートしてくれる「パタニティ・マタニティハウス」があります。

パタニティ・マタニティハウス 愛和病院宿泊施設のロッカーの扉に書かれたメッセージ


パタニティ・マタニティハウス|愛和病院

 

父親としての意識を高める2泊3日の「セカンドハネムーン」

パタニティ・マタニティハウス 愛和病院産婦人科、小児科をはじめ6診療科がそろっている愛和病院。
妊娠から出産、1歳の誕生日までを継続してサポートする体制が整っています。

 川越駅から車で少し走ると、田んぼの中に木々が茂る一画が見えてきます。緑の向こうにはリゾート風の建物が・・・。
これが今回、ご紹介する「パタニティ・マタニティハウス」です。今年の2月にオープンしました。

ゲートから中に足を踏み入れると、シンボルツリーのオリーブや色とりどりの花、ブランコやバードハウスが目に飛びこんできます。
抜ける風が気持ちよく、なんともいえない開放感があります。
 これは地元ではよく知られた産婦人科、愛和病院グループが運営する新米パパとママのための施設。産院から自宅に帰る前に新生活のシミュレーションができる宿泊施設と子どもが1歳になるまで家族で利用できるサロンがそろっています。

続きを読む

ちばてつや先生・みなもと太郎先生によるトークショー開催のお知らせ!~みなもと太郎先生がちばてつや先生に話を伺いたい3つの理由~

f:id:iwasakishoten:20170728183519j:plain

大ヒットマンガ『風雲児たち』などでお馴染みのマンガ家・みなもと太郎先生は、他方では「マンガ研究家」としても知られています。先生のご自宅の書斎には地下室があるのですが、そこはこれまで収集された膨大な数の資料性の高いマンガで溢れていらっしゃいます。あるいは先生のパソコンの外付けハードディスクには、マンガに関する膨大な映像資料が保管されてもいます。

そんなみなもと太郎先生が、この度初めてとなる本格的な「マンガ史」をご執筆なさいました。その名もずばり「マンガの歴史 1」(岩崎書店・1000円+税)。

続きを読む

ピアノを習うと脳が育つ?(2)東大ピアノの会の会長さんに話を聞いてみた

名だたるピアノ・コンクールのアマチュア部門(アマコン)上位入賞者には、高度な専門分野(医師・研究者・弁護士・経営者など)の本職で活躍している方が多いことを知り、前回は、実際に昨年のアマコンで優勝した東大卒の医師、西村英士さんにピアノと仕事の両立の極意などを伺いました。今回はさらにヒントを探ろうと、西村さんが大学時代に所属していた「東京大学ピアノの会」(以下、東大ピアノの会)へ潜入。同会OBの木下淳さんにご紹介いただき、会長さんにお会いしてきました!

「授業が終わってから」と指定された夕刻に、同会の主な活動場所である東大駒場キャンパスへ。音楽系サークルがひしめく建物では、廊下でも所狭しと、フルートやヴァイオリン、サックス、はたまたエレキギターやドラムなど、様々な楽器を練習する姿が見られましたが、残念ながらこちらの撮影はNG。入り乱れる楽器音の部室棟?を早々に退散し、キャンパス内のカフェでお話を伺いました。

 

東京大学ピアノの会

東京大学ピアノの会
(左)第8代会長(OB)木下淳(きのした・じゅん)さん JK ARTS代表
(中)第40代会長 方 大樹(かた・だいき)さん 理科Ⅰ類 2年
(右)神戸愛生(かんべ・よしき)さん 法学部第Ⅰ類 3年

 

<東大ピアノの会 概要>
● 設立:1974年
● 会員:約200名 インターカレッジ制(東大生6~7割と音楽大学など他大学生)
● 主な活動場所:東京大学駒場キャンパス
● 主な活動内容:演奏会(年4回)、他大学ピアノサークルとの合同演奏会など

続きを読む

ライオンズ球団広報に聞いてみた!~続・秋山翔吾選手の意外な活動

プロ野球ファンの皆さま、そうでない皆さまも、こんにちは!

 

梅雨明けが待ち遠しいですが、熱いプロ野球はあっという間にもうオールスターゲーム。昨日行われた第1戦では、当ブログで紹介させていただいている秋山翔吾選手と中田翔選手がともにホームランを放つ活躍をみせました!

 

さて。先日ご紹介しました、球界を代表する埼玉西武ライオンズ・秋山翔吾選手のグラウンド外の意外な活動。

5月7日に実施された「LIONS HAPPY MOTHER'S DAY」を取材した前回は、 秋山選手のインタビューを中心にレポートしました。
今回は、球団広報の方にお話を伺うべく、7月2日、今年3回目の「ひとり親家庭のご家族ご招待」のようすを取材してまいりました。

 

AM10:00、集合時間です

西武球場前駅を出てすぐのインフォメーションセンター。

こちらが招待された方々の集合場所です。

西武球場インフォメーションセンター

10時に球団の方が迎えに来てくださり、出欠確認をします。

埼玉西武ライオンズ

今回、イベントの運営中でお忙しいところ取材に応じていただいたのは、広報担当のお二人。

 

埼玉西武ライオンズ広報

(写真左)別府学さん
埼玉西武ライオンズ事業部リーダー(コミュニティグループ担当)
(写真右)坂川誠基さん
埼玉西武ライオンズ事業部リーダー

続きを読む

中田翔選手(北海道日本ハムファイターズ#6)が子どもの寝る前に絵本の読み聞かせ!?~北海道日本ハムファイターズの活動(1)

こんにちは! 

当ブログでご紹介している、プロ野球選手の意外な活動。

今回は、北海道日本ハムファイターズ(以下ファイターズ)の主砲、中田翔選手を取材してまいりました。


埼玉西武ライオンズの秋山翔吾選手と同じく、ひとり親家庭の親子を球場に招待する活動を行っている中田選手。今シーズンから【中田翔プレゼンツ「絆シート」】 と題して、本拠地の札幌ドームで主催する58試合で、ひとり親家庭のために1試合あたり自身の背番号にちなんだ6席を提供、招待しています。
今回、7月4日に東京ドームで開催された試合で、ファイターズのファームの本拠地が千葉県の鎌ヶ谷市にある縁から【「絆シート」~鎌ヶ谷市スペシャル】として、特別に1試合限定で同様の活動が実施されました。


中田選手が野球という本業だけでなく、社会貢献でも子どもたちの夢を後押しする活動をなさっている姿勢に深く感銘を受けた岩崎書店が、その熱い想いをお手伝いすることができないかと考え、ひとり親家庭をモチーフとした絵本『ええたま いっちょう!』を進呈させていただくことになったのです。

ヘルメットとええたまいっちょう

 

筆者が取材をした7月4日は、≪レジェンドシリーズ2017≫と題して行われたスペシャルマッチの最終日。
ファイターズの選手たちは前身の球団である「東映フライヤーズ」のユニフォームに身を包み、かつての本拠地である東京ドームで埼玉西武ライオンズと一戦を交えたのですが、試合前に素敵なイベントが開催されました。

 

練習を終え、『ええたま いっちょう!』を持って歩いてきた…

 

北海道日本ハムファイターズ中田翔選手登場

中田翔選手!!

  

続きを読む

職員室が変わるとき!? 〜横浜市立富士見台小学校の取り組み〜

昨今教育現場では、先生の多忙化が問題視されています。
学校現場での業務の効率化が求められる中で、今年の4月に文部科学省の新しい取り組みとして「学校業務改善アドバイザー派遣」を始めることが発表されました。

平成29年度学校業務改善アドバイザー派遣事業:文部科学省

民間や大学から選ばれたメンバーが、業務改善を希望する全国の小中学校に派遣され、業務の効率化などのアドバイスを行う取り組みです。

そこで今回は、民間企業とともに業務改善活動にいち早く取り組んできた横浜市立富士見台小学校にお話を伺ってきました。

プロジェクトリーダーである事務職員の上部さん、副校長の場家先生、そしてアドバイザーのコクヨ株式会社ワークスタイル研究所の齋藤さんにお話を伺いました。

富士見台小学校コクヨ株式会社(左)富士見台小学校上部充敬さん(中央)富士見台小学校場家誠副校長先生(右)コクヨ株式会社齋藤敦子さん

続きを読む